ファンから見れば、1対1であることを忘れない

ファンクラブを運営する上で忘れてはいけないことの一つに「ファンから見れば、1対1であることを忘れない

!」ということがあります。

私は、まず、必死に顔を覚えて、名前を覚えました。
私は秘書出身ですが、秘書は、最初に顔と名前を覚えることを徹底的に教育されます。

やり方は、それぞれですが、イラストの上手い人はイラストを描いて覚えていましたし、写真を撮るように、頭に入れていた人もいました。
特徴を書いたり、有名人などで似てる人を探したりして覚えたり。
私はイラストもうまくなかったので、必死で特徴で覚えました。
そのおかげで、人の顔を覚えるのが得意です。

ただ、トラブルは忙しい時ほど起きるのですよね。

頭がパニックになるほど忙しい時は、イライラしそうになりましたが、そこでグッと我慢。

冷静に!冷静に!

こちらから見れば、数百対1であっても、ファンの方から見れば、1対1なのです。

*キャラクター協力 osamu様  

http://ameblo.jp/036company/

関連記事

コメントは利用できません。