ファンを作るためのあなただけの物語の探し方

「どんなに考えても物語なんてないですが、どうしたらいいでしょうか?」というかたもいらっしゃいました。

『物語は、どなたにもあります!あなたにとって普通の事が他の方からみると、とても素敵な物語になるのです』

私だって、自分のファンクラブの運営経験がお仕事になるなんて、まったく思ってもいませんでした。
周りの人からは「あなたは宝物をいっぱい持っている」と言われ続けていましたが、本人はまったく分からなかったのです。

もし可能なら、今まで生きてきた『自分史』を書いてみてください。
特別なことを書く必要なことは、ありません。
あなたのこれまでの人生の軌跡を書けばいいのです。
人は、勉強した知識を語られるよりも、経験したことを語られる方が、腑に落ちるからです。

*キャラクター協力 osamu様

http://ameblo.jp/036company/

関連記事

コメントは利用できません。