秋元康さんから目を離せない!

秋元 康さんのGoogle+は当然フォローしていますが、秋元さんの発想がとても面白くて目が離せません。

例えば、コンサートの題名も面白いものが目白押しです。
• 「会いたかった ~柱はないぜ!~」(2006年)

※劇場には柱があるので、それをもじっていますね。

 

• 「春のちょっとだけ全国ツアー ~まだまだだぜAKB48!~」(2007年)
• 「ライブDVDは出るだろうけど、やっぱり生に限るぜ! AKB48夏祭り」(2008年)
• 「 まさか、このコンサートの音源は流出しないよね?」(2008年)
※これはかなり笑えます。

• 「年忘れ感謝祭 シャッフルするぜ、AKB! SKEもよろしくね」(2008年)
• 「神公演予定」* 諸般の事情により、神公演にならない場合もありますので、ご了承ください。(2009年)
※「神公演」とは物凄く楽しかったり盛り上がったりファンサービス貰ったり、自分的に「最高!」と思った公演をそう呼ぶ人がいます。
• 「 分身の術ツアー」(2009年)

※この辺までは、親近感がある題名です。

• 「夏のサルオバサン祭り」(2009年)
※ 「サルおばさん」とは劇場に来た事がある方にはにはおなじみの、サルのような髪型をしたちょっと派手なやけに目立つスタッフの女性さんのこと。

• 「 満席祭り 希望 賛否両論」(2010年)

※突っ込みたくなります。



• 「サプライズはありません」(2010年)

• 「 よっしゃぁ~行くぞぉ~!」(2011年)
• AKBがいっぱい~SUMMER TOUR 2011~(2011年)

※この辺から、名前入りになります。

 

• 「業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ」(2012年3月23日 – 25日、)

片山部長とはチームAのメンバー片山陽加。

彼女はGoogle+で結成された「AKB美術部」の部長です。

片山が描いた絵を投稿したところ、それが秋元康さんの目にとまり、『美術手帖 』(美術出版社 )で持つ連載「秋元康流アートのすすめ」の対談相手として起用されました。
メンバー名を付けるタイトルとしては昨年震災で中止になりましたが
「たかみなについて行きます」がありました。

• 「野中美郷、動く。~47都道府県で会いましょう~」(2012年4月6日 – )
※「野中さんって誰よ!」とディープなAKB以外は思ったと思います。

それに対して、秋元さんが答えています。

 

「マイペースな野中の欲のなさが面白いと思っていました――いろいろなキャラクターが欲しいんです。全国ツアー特に今年は47都道府県を回ろうと思っていたので、みんながテレビや映画や雑誌で見るのとは違うAKB48を観せたいんです。『野中美郷って誰?』『AKBにいるの?』そんな興味を持って欲しい。そして『こんな美人がいたんだ?』『AKBって層が厚いね』『ライブに行って自分の目で確かめないとな』と思ってもらえたら嬉しい」秋元康

 

特に野中は21thシングルに参加しなかった唯一のAKBメンバーです。怪我もしていない、不祥事も無い、このシングルには研究生すら参加し、3曲関わるメンバーまでいる中でたった1人です。

秋元さんの親心でしょう!!!



ちなみに、今回の総選挙の結果は、片山陽加 48位  野中美郷 圏外

 

*キャラクター協力 osamu様  

http://ameblo.jp/036company/

関連記事

コメントは利用できません。