自分のメンターを探す

2020年の一白水星さんは次の春に備えて仕込みを始める時期。
新しい情報収集や講座の受講などのインプットのために、メンターを求め、いろんな人に会うに行くことをおすすめします。
でもメンターを探すといってもなかなか難しいものです。

九星気学においては、メンターに出会うための参考となる相性があります。
相性のいい星の基本的な考え方は五行の相生の考え方です。

たとえば私の場合、私は七赤金星です。
五行の相生によると土生金(土より金が生ず)という考えがあり、
この土の性質を持つ二黒土星、五黄土星、八白土星が私にとっては親星という性質を持ちます。

本来めんどくさがりで楽したい努力をしない七赤金星の私にとっては、二黒土星、五黄土星、八白土星の方々と接していると、いつも学びがあります。
よく中村が宝塚歌劇団のスターは
「努力し続ける才能がある人が成功する」
と口酸っぱく言っていることが身に染みてわかります。
土性の方々は派手さはないかもしれませんが、ほんとうに地道にコツコツ活動する姿勢を見ていると私にはまだまだ足りないなと謙虚になります。

ちなみに一白水星さんの場合は五行の相生は
金生水(金より水が生ず)
です。金性の方が親星になります。
2020年飛ぶ鳥を落とす勢いのある六白金星や
なんとなくちゃっかり運気だけはいい明るさだけが取り柄の七赤金星さんたちに引っ張ってもらってはいかがでしょうか?