九星気学で自分が成長できる人を探す

自分が成長できる人。
仕事をしていて、その時は大変だったけど、後から振り返るとスキルアップして各段に成長していたプロジェクトはあるものです。
奉仕することで、自分が成長できるそんな関係性もあるものです。

九星気学においては、自分を成長させてくれる人に出会うための参考となる相性があります。
相性のいい星の基本的な考え方は五行の相生の考え方です。

たとえば私の場合、私は七赤金星です。
五行の相生によると金生水(金より水が生ず)という考えがあり、
この水の性質を持つ一白水星さんが私にとっては子星という性質を持ちます。

ある一白水星の経営者のコンサルティングをさせていただいた時はとても勉強になりました。
業務改善のコンサルティングということで、社内の書類整理から、あまたあるウェブの再整理と見直し、顧客管理システムの見直しなどありとあらゆるコンサルティングをさせていただきました。短期間のコンサルティングでしたが、ハードだった分、成長もさせてもらえたプロジェクトでした。

また、ある一白水星の経営者の方のコンサルティングをさせていただく中で、出版支援をすることになりました。
企画などのプロデュースや出版エージェントを紹介したりと色々動いていました。
そのご縁で、中村自身が本を出したらどうかという話があり、1冊目の出版に至ることができました。

他にも一白水星の方とのご縁で、中村が半年間の専門誌での連載の話をいただいたりと弊社の次の扉が開くというケースがこれまでもありました。

本来どの星の方とのお仕事でも成長すべきではありますが、記憶に残るブレイクスルーが起きやすいのは子星の方とのお仕事のようです。
子育てによって親が成長するのと同じ原理です。