机の上の書類を整理して龍がとどまるスペースをつくる

巣ごもりの時間が長引いてくるとだんだんネガティブなエネルギーも溜まってきます。
こんな時におススメなのが、オフィスや書斎などビジネス環境の気の流れを良くすることです。

2.時間が経って役割を終えた机の上の書類を捨てて空きスペースを作る

オフィスに、机の上に知らず知らず溜まってしまうのが紙の山。書類が溜まります。
溜まった紙の重さ分、エネルギーが滞り運気が下がってしまいます。
外出の機会がないこの時期だからこそいらない書類を捨てて、不要なエネルギーを一掃しましょう。

・終了したプロジェクト
・時間が経過して、役割を終えたもの、意味をなさなくなった書類

など持っている必要がなくなった書類はどんどん捨てていきましょう。

「捨ててしまって、後から必要になったら困るから」
と書類を不必要にためがちになります。
でも残しておく必要がある書類はpdfにスキャンしたり、スマホで写真を撮っておけば、今はデジタルに保存ができます
私も残しておく必要がある書類はpdfにスキャンして保存しています。
ただほとんど見返すことはありません…。

書類をデジタル保存できるとHDDやメモリー1~2個程度に仕事に必要なデータを保存することができます。
そうすれば机の上は整理され、書庫・書棚のスペースさえも広々として空きスペースを作ることができます。

中国風水の古典、『葬経』には幸運の場所についてこう書かれています。
「気は風に乗ずれば散じ、水に界てられればすなわち止まる」
この意味は
幸運を運んでくる気は強風が吹くと消えてなくなってしまうので、気をとどめるためには広いスペースが必要だ」です。
窓を開けて風によって運ばれてきた龍という幸運の流れをとどめるためには広いスペースを作っておく必要があります。
そうしないと龍はどこか遠くに逃げて行ってしまうのです。

机の上の環境はあなたの頭の脳みその中の環境そのものです。
色んな書類でとっちらかっていると、集中して物事を考える余裕さえ奪われてしまいます。

「終わった書類」を手放し、空きスペースを作ると、頭も新しいクリエイティブなことを考える余裕ができるようになります。
そうすれば、新しいビジネスのアイデアが浮かんだり、新しいプロジェクト話も舞い込んでくるはずです。

今回の巣ごもりは長期戦なので、不要なエネルギーを手放し、身軽になって乗り切りましょう。