盛塩魔法陣で室内に龍をとどめる

オフィスや書斎、自宅の不要なものを手放すことでネガティブなエネルギーも手放してきました。
室内も潜在意識にも広いスペースができたので風に乗ってやってきた幸運を呼ぶ龍も喜んでとどまり続けてくれるでしょう。

最後に自宅に盛塩を置くことで、室内も心の中も浄められた状態をキープします

おすすめは室内の八方位全てに盛塩を置く方法です。

用意するものは
・粗塩
・塩を盛る小さな器9個
・コンパス(スマホにアプリがあるので便利)

やり方は簡単
1.塩を9つの器に盛る
2.コンパスを参考にしながら、
東、西、南、北、南東、南西、北西、北東の8か所と家の中央に塩を置く
3.定期的に塩を入れ替える(毎週日曜日、毎月1日、15日など、苦にならない頻度で)

盛塩の置き方は諸説ありますが、今回の非常事態の場合は八方位に全ておくことをおすすめします。

方位除けの神社で有名な神奈川県寒川神社ではご祈祷を受けるとお札をいただけます。
お札は東、西、南、北、南東、南西、北西、北東の8か所と中央の9種類です。
このお札を家の八方に置くことで室内が護られます。
同様に盛塩を八方位に置くことで、同じように護られている感覚になり気分が落ち着きます

特に七赤金星さんは、2020年八方塞がりにあたる年になります。
八方の方位除けの力を借りて、今年を乗り切ることをおすすめいたします。

コロナウィルスは目に見えないもので、それだけで不安になってしまいます。
盛塩の力で、グラウンディングして龍とともに乗り切りましょう。