気学風水で経営者の悩みを解決するきっかけをつかむ

会社の経営において気学風水には3つのメリットがあります。
1つめは冷静な経営判断ができる、です。
2つめ、3つめをご紹介していきます。

2.経営者の悩みを解決するきっかけをつかむ

経営者の悩み事は、大きく二つと言われています。

お金の悩み(資金繰りなど)
人の悩み(社員のトラブル、社員の採用など)

ほとんどの経営者は、これが頭から離れないでしょう。
そして社長であれば、会社の最後の砦として逃げることも妥協することもできないものです。

しかし、これら経営の悩みは、気学や風水を学ぶことで
1)自分の運気の現状を知る
2)どうすればいいか?の指針を知る
3)行動を起こすタイミングを知る
4)組む相手などの相性を見る
ことで、難局を乗り切ることが出来ます。

3.前向きに行動する習慣ができる

風水でオフィスや店舗、自宅の環境を整えたり、いい方角に会社の移転や旅行して幸運を引き寄せる。
気学や風水を知らない方からすると、
それで本当に会社が良くなるの?
と不思議に思う方もいるかもしれません。
しかし、気学風水などの東洋の知恵は中国でも日本でも古代から活用され、国の経営に活用されてきていました。
徳川家康も風水の力を借りて、江戸東京を繁栄の都にしました。

気学風水の力は楽して儲けるという占いの類ではなく、日々前向きに行動し、会社経営していくための地図であり、羅針盤としてとても有意義なものです。
10年会社経営をしていてひしひしと実感しています。

気学風水の力は残念ながら即効性はありません。
しかし、行動する環境や習慣をつくることで、じわりじわりと経営が安定していくはずです。
ぜひその世界に触れてみてください。