ファン気学風水は一般的な気学風水と何が違うか

ファンが増えるファン気学風水と一般的な気学風水と何が違うか。
10年近く気学風水を実践してきて実感していることをご紹介いたします。

1.相手のニーズが深くわかるようになる

生まれた生年月日を踏まえ人を9つの性格に分けて、その性格ごとの特徴を踏まえその年の運勢を見たり、自身にとってよい方位に旅行して開運するというのが一般的な九星気学です。

ファンづくりに生かしていく上で、相手がどのような性格の人か、どのようなことに関心・興味があるかを知ることはとても大事です。
すぐレスポンスしてほしい方もいれば、じっくり丁寧に対応してほしい人もいます。
結果がすぐほしいという方もいれば、自分自身が動き出すのを待ってくれ、一緒に伴奏するコーチのような関わり方をしてほしい方もいます。
相手に合わせた対応を意識し心がけることで、周りにファンが増えていきます。

また自分が正しいと思ったでも、相手はそう思わないことがあります。
人それぞれ違う考えを持っていることがわかり、違ってもいいということがわかるので、よりコミュニケーションが円滑に進むようになります。

中村はコーチングを学んでいる時にコーチより、より人間理解を深めるためには仏教や九星気学などの東洋哲学を学んだ方がいいという話を聞き、九星気学の先生を紹介してもらったそうです。

ともすれば9つの性格に分類する術を知ると、「あのひとは六白金星だから〇〇」みたいに人を決めつけてしまったり、「私は七赤金星だからしょうがないよね」と自分自身をあきらめてしまいがちです。

しかし大事なのは相手を知ろうと相手に関心をもつことであり、相手に合わせ対応していく力を磨いていくことです。

対応力を身に着ける上でファン気学風水は役立ちます。