新月から始める目標設定

新たな目標を立てて、その目標達成に向けて努力していく。
通常4月の新年度や元旦に立てて、実行に向けて行動していきますが、うまく行かない時はありませんか?

そういう方にお勧めしたいのが、新月の日に目標を立てるということです。
今日11月27日は新月です。
月が太陽と地球の間にあるため、地球側は太陽の光に映る月は見えず、影しか見えないので、真っ暗になります。
満月である陽の極みと考えるのであれば、新月は陰の極みです。

新月の日は地球と月と太陽が一直線上に並び、引力の影響が最も大きくなる日です。
それを示す例として、海の潮の満ち引きが挙げられます。
新月は大潮と言って、海の干潮、満潮の差が特に大きくなります。

月と太陽が一直線に並ぶということは、地球が太陽の重さに加えて月の重さによっていつも以上に引っ張られて伸びていく状態になります。
イメージとしては、私たちの頭をつかまれて上に引っ張られると身長が伸びてしまうような感じです。

新月の時に朔日参りということで、氏神様にお参りする風習が昔はあったそうです。
古代の日本人は現代人よりも感性に優れ、敏感だったのでしょうか。

今日は月の力を借りて、気分新たに目標設定を行いに神社に参拝してみてはいかがでしょうか。