宿命は変えることができるの? Official髭男dismさん

生まれ落ちた時から自ら背負ってしまった人生、
宿命は変えることができるのでしょうか。

Official髭男dismの3rdシングルのタイトルは『宿命』

元々は2019年夏の甲子園の番組『熱闘甲子園』のテーマ曲として書かれた歌ですが、
2番の歌詞のサビの部分は九星気学的に見ても興味深いものです。
————————————————-
願いの熱さに 汗まみれになったり
期待背負って立って 重さに臆病になるけど
僕らの背番号 それは背中じゃなく 瞳の奥のアンサー
重なって 照らし合ってくFOREVER
緊張から不安が芽生えて
根を張るみたいに 僕らを支配する
そんなものに負けてたまるかと
今 宿命ってやつを燃やして 暴れ出す
届け!
奇跡じゃなくていい 美しくなくていい
生きがいってやつが光輝くから
切れないバッテリー 魂の限り
宿命ってやつを燃やして 暴れ出すだけなんだ
ただ宿命ってやつをかざして 立ち向かうだけなんだ
————————————————

生まれた時によって定められた私たちの背番号、九星気学の星は変えることができません。
また生まれた時に名付けられた名前も物心ついた時にはすでに何かしらのレッテルを貼られています。
これはある意味、生まれた時から定められた宿命です。

でもその星の性質や導かれる人生の方向性を宿命として受け入れることで、自分の人生を最大限生かす方向に命を運んでいき、運命を切り開いていくことができます。

私が姓名鑑定で名前を変えて、引っ越しや吉方取りで、宿命を変えることができたように
宿命を受け入れ、悪あがきをしてみると少しはいい人生を送れるようになるかもしれません。
九星気学が宿命を変える一助になれば幸いです。