1. HOME
  2. ブログ
  3. ファン気学風水
  4. 九星気学で見るアフターコロナ時代のキャラ設定 浜田雅功編

BLOG

ブログ

ファン気学風水

九星気学で見るアフターコロナ時代のキャラ設定 浜田雅功編

時代に合わせて、お客様に合わせて自分が求められるキャラになりきっていく。
芸能人の少し濃い目のキャラ設定も、これからの情報発信を行っていく上で学ぶところが大きいはずです。

松本人志さんとコンビを組んでいる浜田雅功さんのキャラはどうでしょうか。

浜田雅功さんは1963年5月11日生まれの一白水星さん
基本的な性格は松本人志さんと一緒です。
でも浜田さんはツッコミ、松本さんはボケを担当しているのでキャラは全然違います。

浜田さんのツッコミは元々強烈です。
そのツッコミ力は浜田さん司会の番組でも容赦ないものです。
「ダウンタウンDX」「プレバト」「芸能人格付けチェック」ではゲストの大御所タレントにでも平気でツッコんだりどついたり。「ジャックSPORTS」では一流アスリートにも容赦しません。

梅宮辰夫さん、堺正章さん、伊東四朗さん、志村けんさん、梅沢富美男さんなど大御所に対してもツッコむ浜田さん。
ツッコまれるほうも「美味しい」と思わせるだけのバラエティ番組での大御所の立たせ方を司会の浜田さんはつかんで絶妙の間合いでツッコんでいます。
番組でのツッコミ役、イジリ役をあえて買って出て、大御所と対等に渡り合えるだけの間合いと演出をしているようにも見えます。

そんな浜田雅功さんは九星気学では六白金星キャラです。
リーダーシップを発揮して大物にもひるまず戦いを挑んでいく強さを周りから求められています。
90年代に『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』『ダウンタウンのごっつええ感じ』で人気が出ました。
その上、小室哲哉と歌を歌ってCD200万枚売って紅白歌合戦にも出場したり、ドラマでキムタクとダブル主演をしたりと活躍の無双ぶりがすごいです。
ダウンタウンではネタは松本さんが作っていたので浜田さんはバンドのフロントマンのような役割で、90年代に松本さんより先にスターダムにのし上がっていきました。

浜田雅功さんの無双ぶりは六白金星キャラを研究する上でとても興味深いです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事