NHK大河に川口春奈はなぜ抜擢された?11月は運気の変わり目

11月のニュースで話題になった女優沢尻エリカさんの逮捕。
その後発表された2020年の大河ドラマ「麒麟が来る」の準主役級のキャストの代役に川口春奈さんが選ばれたのはマスコミに衝撃を与えました。

突然の出来事で、超タイトで長期間なスケジュールを押さえることが困難。
時代劇に定評のある有名女優は軒並み降りた中、沢尻エリカさんより9歳下で時代劇経験もない川口春奈さんが大抜擢できたのでしょう。

一般的な九星気学で解くと
川口春奈さんは1995年2月10日生まれの五黄土星の運気の持ち主。
2019年の五黄土星さんは高運期1年目で具体的な準備をする時期
2020年の五黄土星さんは高運期2年目で新しいチャンスの芽が出てくる時期です。

2020年2月4日の立春以降に大役のチャンスが舞い込んできたなら理解できるのですが、
どうして川口春奈さんがこの時期に大河準主役級のキャストをつかめたのか。

私の周りは2月4日以前、前の年の11月から来年の運気に変わったという話を聞きます。
弊社の社長の中村は11月1日から毎年潮目が変わると言います。
私も今年は立冬である11月8日以降流れが変わったと実感しています。
芸能界など目立つ活動をしている人、運勢の強い人は早いタイミングで来年の運気が動き始めていて運気を先取りすることができています。

あなたの運気はいつ頃来年を迎えていますか?
毎年運気バロメーターをチェックしながら、運気エネルギーの溜まり具合を調べてみてはいかがでしょう。