弊社の起業で振り返る運気トレンド2年目

9年を四季で表現し、各年でどのような心構えと行動をすればよいかご紹介していきます。

運気トレンドの2年目春の前半。季節で言うと3~4月中旬に位置付けられます。
冬の寒さが和らぎ、気温が暖かくなるように、運気も上昇し始め、5年の高運期がはじまります。
5年後の成功イメージを見据えて大地を耕し、土づくり、基盤づくりをはじめる時期です。

運気トレンド2年目、弊社の場合2009年はマツダミヒロさん、佐藤伝さんをはじめとして多くの講師の方のセミナーを企画した年でした。多くの講師の方と知り合い、そして受講生の方とのネットワークを広げていった、まさに事業の基盤づくりの年でした。
バレンタインデーに、マツダミヒロさんに王子様の格好をしてもらい、受講生みんなでバレンタインチョコレートをあげるというファン心理を突いた企画などもプロデュースしていました。
その後マツダミヒロさんのコミュニティ運営のコンサルティングをすることを考えると2009年にミヒロさんのセミナーを企画したご縁が大きかったと言えます。

また2009年から中村はそれまで学んでいたコーチング、NLP、九星気学などのスキルを活かして経営者向けのコンサルティングも始めています。起業する前の宝塚にいた娘さんのファンクラブ運営でのファン対応に苦労してコーチングなどの心理学を学んでいました。季節で言う秋から冬の時代に学んでいたことが春になってようやく芽が出たということになります。

高運期に事業を伸ばすための基盤づくりの時期である運気トレンドの2年目。
基盤づくりのために色々ネットワークを広げることが大事ですがそれ以上に、起業前の2-3年でいかに事業の種を仕込んでおくか、その準備のためのインプットが大事であると言えます。