先送り体質をなんとかする方法

今日から仕事始めですね。
休みが多かった分、営業日が少なくて年始早々バタバタしがちな方も多いと思います。

正月に立てた、今年も目標も立てたものの
「一段落したらはじめよう」
「いつかははじめよう」

と思っていても日常生活の忙しさに流されていくと、立てた目標さえもだんだん記憶が遠のいていきます。

特に生来めんどくさがりやさんの七赤金星さんは立てたことで満足して行動に移しにくいですし、
新しい物好きの三碧木星さんはどんどん興味が新しいものに目移りして、目標を立てたことすら忘れてしまいがちです。
七赤金星の私も以前はあまり立てた目標が達成された経験がなかったように思えます。

なぜ先送りをしてしまうのか。
最大の理由はやることを小分けに分解できていないからです。

だいたい新年の目標というのはチャレンジングで漠然としているものが多いです。
「やせたい」
「英語の勉強したい」
「長期休暇を取って海外旅行したい」

ステーキをナイフで切らずにまるごと食べようとしている状態ですと、なかなか食事が進まない。
さいころステーキならちょいちょい食べることができるのですが、大きなステーキをナイフで切る発想がないのです。
残念ながら未来をシミュレーションする発想があまりないので、締め切りがあるものが直前バタバタしてしまいます。
私もそういう傾向があります。中村は未来が良く見えるみたいです。
これは気学的な体質だなと半ばあきらめています。

目標が大きければ大きいほど、何から手を付けていいかわからないものです。
もやっとでもいいのですし、間違っていてもいいのですし、途中で変わってもいいのであらあらのやることリストがあった方がリスクは少なくなります。

今年は是非一歩前進の1年にしてください。