器用な使い分けが必要になるビジネスで芸名を使うデメリット

実際にビジネスで芸名(ビジネスネーム)を使うデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

仕事とプライベートでビジネスネームと本名を器用に使い分ける必要になります。

1.飛行機、ホテルでは本名を使う必要がある
飛行機、ホテルの予約等旅行関連の予約の際、パスポートと同じ名前で予約しないとトラブルになるケースがあります。海外の場合はパスポートと違う名前だと入国管理局や税関で止められたり、本人ではないということで飛行機に乗れなくなるそうです。またホテルにおいても本名と違う名前で宿泊すると旅館業法的に法律違反になってしまいます。またクレジットカードが本名であれば、クレジットカード決済をする局面がある際には本名を使わざるをえなくなります。

2.家族や友人に説明しづらい
仕事でビジネスネームを使うようになり、ビジネスネーム=自分のアイデンティティとなってくると頻繁に会わない家族や友人、たとえば実家の両親や中学校・高校の同級生や会社の同期入社の友人などと会って話をする際、本名で話しかけられても違和感が生じます。

ビジネスネームと本名の使い分けが面倒と感じたり、本名で呼ばれた時に違和感を感じるようになったらそれはビジネスネームが浸透してきた証拠であり、使っている自分自身の性格、心持が変わってきた証拠でもあります。

ビジネスネームを使いこなして、ビジネスを飛躍させていきましょう。