イチローに学ぶ八白土星のパワーを手に入れる

自分の運気をあげる相性のいい九星気学の星に関連する行動をすると運気があがると考えられています。

相性のいい星の基本的な考え方は五行の相生の考え方です。
たとえば九紫火星の場合、
火生土(火より土が生ず)ですので、土性の八白土星に関連する行動も運気があがります。

八白土星に関わりのある事象は
・山に登る
・親族のお墓参りに行く
・家族サービスをする
・ホテル・旅館に泊まる
・石段がある神社に行く
・貯蓄をはじめる
・目標を立てて行動する
・悪い癖をやめる
・ダイエットを始める
・誰かに仕事を任せる

元プロ野球選手のイチローは1973年10月22日生まれの九紫火星です。
メジャーリーグでシーズン最多安打(262安打)や通算安打世界記録(4367安打)を持つイチローです。

その非凡な才能は小学校から開花していたことは有名です。
イチローの小学6年生の文集で書いた内容を見ても一目瞭然です。

————————————-
僕の夢は、一流のプロ野球選手になることです。
そのためには、中学、高校と全国大会へ出て、活躍しなければなりません。
活躍できるようになるためには、練習が必要です。
僕は三歳の時から練習を始めています。
三歳から七歳までは、半年ぐらいやっていましたが、三年生の時から今までは、365日中、360日は、激しい練習をやっています。
だから一週間中、友達と遊べる時間は、五、六時間です。
そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。
そして、その球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。
ドラフト入団で契約金は、一億円以上が目標です。僕が自信があるのは、投手か打撃です。

去年の夏、僕たちは、全国大会に行きました。
そしてほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会四試合のうちホ-ムラン二本を打ちました。
そして、全体を通した打率は5割8分3厘でした。
このように自分でも納得のいく成績でした。
そして、僕たちは一年間負け知らずで野球ができました。だから、
この調子で、これからもがんばります。

そして、僕が一流の選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待券を配って、応援してもらうのも夢の一つです。
とにかく一番大きな夢は、野球選手になることです。
————

小学生の時、すでに一流のプロ野球選手になるというとても具体的な目標を設定していました。
その上、プロ野球選手になるまでのロードマップを描き、日々その目標に向かって着実に継続して努力し続けていったことです。

元々才能にあふれたイチローは、八白土星の目標設定力とコツコツ努力し続ける才能を身に着け、発揮していってメジャーリーガーとして不動の地位を築いたのです。