東京から北東の金運神社とは?

2020年、七赤金星さんにとっておすすめの方位は北東の方向です。
東京から北東の方位にある金運神社として有名なのが、宮城県牡鹿半島沖の金華山にある金華山黄金山神社です。
名前からして、金の華が咲く山、黄金の山の神社って凄まじい金運力がありそうな神社ですね。
日本で初めて黄金が出たという言い伝えがあります。

以前方位学の大家のコンサルティングをさせていただいていた際、
「金華山黄金山神社に三年続けてお参りすれば一生お金に困ることが無い」
と言われ、「ほんとう???」と半信半疑ではありましたが、参拝いたしました。

参拝してみるとこの黄金山神社、確かに3年続けてお参りすることは結構難しい神社ということがわかります。
最寄りの宮城県石巻市鮎川港から定期船かモーターボートに乗って、金華山島に渡ります。
しかし、天気が悪かったり、風が強く海が荒れるとぐ船が欠航してしまいます。
ゆえに3年続けて参拝できたらすでに神様に愛される幸運体質だということがわかります。

東日本大震災の後2013年にはじめて訪問しました。
震災の爪痕がひどく、全部津波で持っていかれて建物が何もなかった石巻・女川の景色を見て、あぜんとした記憶があります。
その後の復興の過程を毎年参拝する度に見てきました。

確かに3年続けて参拝した結果、お金が回るようになりました。
2014年に1冊目の本を、2015年に2冊目の本が出て、ファンづくりの第一人者として認知しはじめたのも金華山のご利益があったのからです。

経済とはお金を回すこと。
生き金を使って、投資を行うことが大事、と金華山黄金山神社は教えてくれます。